私が目指す理想の永久脱毛クリニック

Just another WordPress site

クリニックの永久脱毛が安全面ではピカイチ

without comments

現在一般的なサロンなどで、主流となっている永久脱毛方法はフラッシュ方式です。このフラッシュ方式はIPL脱毛や光脱毛と呼ばれていることもありますが、基本原理は同じで、メラニン色素の存在する色の濃い箇所を、焼くという方法です。
フラッシュ脱毛が浸透する少し前までは、レーザー脱毛というのがありました。これも原理は同じなのですが、フラッシュ脱毛より、痛みが伴いやすいのが欠点でした。(ただし、フラッシュよりレーザーのほうが永久脱毛効果は強いといわれています)
現在も医療クリニックではレーザー脱毛による施術が行われています。こちらのほうがより効果が高いよう出力されたものになっています。ですが医療クリニックでは専門の医師による永久脱毛なのでもちろん安全性も高いです。
それより以前、永久脱毛という概念が出てきた黎明期はニードル脱毛というのが主流でした。このニードル脱毛は、毛穴にニードル(針)を刺し、そこに電熱を通して毛根を焼くという方法なので、かなりの痛みが伴うだけでなく、やけどといった皮膚トラブルも、多く存在していました。
しかし現在もニードル脱毛を扱っている、一部業者やクリニックは存在しています。
なぜかというとフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が数年したら、また新しい毛が生えてくることがあるのに対し、ニードル式は文字通り「永久脱毛」に近い効果を見せてくれるからです。本当に永久に脱毛するというのは無理なようです。永久脱毛とは限りなく永久に近い脱毛効果ということです。人間の組織上どうしても少なからず無駄毛は生えてきてしまうのです。
また、眉毛や目の周囲の脱毛も、ニードル脱毛で行うところがほとんどです。
これは上記にあげたとおり、レーザーやフラッシュが色素の濃い場所を焼いてしまうので、まぶたの薄い皮膚では
眼球に影響を与える危険性が高くなってしまうからです。
レーザーやフラッシュで眉脱毛をうたっている場合、眉上のみの処理という場合もありますので
きちんと確認しておきましょう。
エステサロンは安価に行えて手軽なことで人気を博していますが、やはり安全により効果的に脱毛を行いたければ医療クリニックで脱毛施術を受けるようにしたほうがよいでしょう。
永久脱毛 クリニック

Written by rei

4月 5th, 2014 at 1:27 am

Posted in 未分類

エステサロンは安い!医療脱毛は高い!

without comments

女子は自分のカラダについて悩みは尽きませんよね?ぷよぷよの二の腕,つまめるお腹,油断すると増えていく体重・・・。
ときに最近暖かくなってきましたが、春が終わり夏が来ると露出も増えますよね。余計にお腹周りが気になったり.海に行こう!と楽しいお誘いを受けても「ああ...水着を着るのか...」と憂鬱になることはありませんか?
水着をかっこよく着るには引き締まった体はもちろん必要ですが、それよりも大事なことがあります。
「無駄毛の処理」ですよね!
いくらナイスバディでも水着の隙間から毛がはみ出ている・・なんてメンズもがっかりです。
女子でも毛深い体質の方はいくらでもおられますが、やはり男の人というものは毛に対して厳しいジャッジをする印象を受けます。
無駄毛を処理するのは女子のたしなみであると思いますが!
めんどくさいですよね...
私はわりと毛が多く処理しないと目立ってしまうので夏場は二日に一回は処理しています。
処理方法は基本的にお風呂で剃刀を使っていますがときには剃刀負けすることも、
肌にもよくないし、めんどうだし、脱毛サロンの広告をみるとつい目がいってしまいます。
最近見かけた広告は「ミュゼ」でした・
友達と大阪にお出かけした帰りの電車内で見かけたのですが、二人で食いついてしまいました(笑)
ワキ+Vラインの脱毛が3800円のところ、WEB予約で800円に!とのことでした。
夏は処理必須のこの部位のお手入れがたった800円で済むなら安いのでは?
ミュゼは口コミ評判もいいですし検討中です。
あとは脱毛には医療クリニックで行う医療レーザー脱毛があります。
これは効果が高いとのことです。エステサロンで行う脱毛方式よりもさらに高い効果が期待できるそうな。
でもそれに伴って価格もめちゃめちゃ高いのが難点です。
おそらくミュゼなどの一般的なエステサロンよりも3倍くらい高いと思います。いつかはやってみたいなと思いますが、なかなか手が出せませんね。
医療脱毛 安い

Written by rei

4月 4th, 2014 at 10:09 pm

Posted in 未分類

毎日の生活の中で健康を保つ

without comments

私は健康を保つ事を、一番に大切に考えています。それは、人は健康でなかったら、何をしても楽しいと感じる事ができないと、思っているからです。そのため、生きる上において、健康でいる事を1番大切に考えて、行動しなければならないないと考えているのです。そして私が、健康を維持するために行っている事は、普段の何気ない生活の中で、運動を実施する事です。以前は、ジョギングをしたり、スポーツセンターに出かけていって、スポーツをしたりしていましたが、毎日実施する事ができないことがあり、そのことは継続させることは難しいと思ったのです。そのため、継続させることができるのは、毎日の生活の中で、運動をしているような事に、こころがけて動けばいいと思ったのです。その一つとして、キッチンで料理をする時に、足の屈伸運動をしています。少しの時間がある時に、そのようにどこかの部位を動かす事ができるようにしているのです。また、朝起きた時は、必ず体操をするようにしています。体操をする事は、全身の筋肉を動かすことになります。そのため、普段使用していない筋肉を動かす事ができ、良い効果を期待しているのです。人間は、動かさない筋肉については、老化が進んでしまいます。ですから、できるだけ毎日、少しづつでもいいので、全身運動をする事ができるように、体操をすることにしているのです。体操をするようになって、からがの冷えが改善しました。体操で体が暖かくなり、その結果、全身の血液の循環がよくなるからです。このことは、肩こりの改善にも効果がありました。ですから、体を動かす事を意識的に行う事で、普段の生活の健康に対するレベルがグッと違ってきます。家にいる時間を有効に使用するために、その時間を健康を基準にして考えて行動する事が、私の行動の基準となっています。これからも、激しい運動ではなく、普段の動きの中で、健康維持を考えて行動していこうと思っています。

Written by rei

3月 29th, 2014 at 10:36 pm

Posted in 未分類

野菜にかける情熱(もっぱら買うほう)

without comments

いやはや、この冬の野菜の高騰っぷりったらなかった。

キャベツがひと玉400円近く、プチトマトが300円越え、となると、
そんなお野菜には、畏れ多くてとても手が出せない。

いや、それは冷静に考えると、1食あたり価格では大したことないではないか。
そうおっしゃる向きもあろうかと思う。

が、夕飯のおかずを、
家族5人で1000円以内に収めたい我が家の場合、
それはかなりしんどい金額なのだ。

プチトマト1パックなんて、おやつにもならないほど
あっという間に子供の胃袋へと消え去っていく。
100円台でないと、月換算ではとても採算が合わないのだ。

というのも、我が家の2人の子供たちは、中学三年、高校三年の食べ盛り。
それぞれ身長170cm、180cmオーバーの立派な体格。
しかも大黒柱はガテン系。

お米だって、夕飯用に五合炊いてもほとんど余らず、
朝ごはん用にタイマーセットして三合追加は毎度のこと。

それも夕食1~2時間前に、菓子パンやスナック菓子、
うどんや焼きそば、トーストなんかを食べて
それでも夕飯に五合消えていくのだ。

ちなみに焼きそばの場合、
麺3玉+キャベツ、もやし、玉ねぎなどの野菜を大量に投入しないと、
2人の子供には足りず、麺だけならもう3玉は軽く必要になる。

朝も、家族内にトースト派がいるから三合で済んでいるようなもので
全員お米派なら、朝だって四合は確実である。

つまり、主食だけでもかなりの出費。
おかずを、いかに安くボリューミィに仕上げるか、
毎日、本当に胃が痛くなる思いだ。

どこのご家庭でも、家計を預かる皆様は、この冬
似たような思いをなさっていたのでは…

はっ。

……いや。それはもちろん、その、各ご家庭の経済力によるとは思うけど……

しかし、野菜高騰のおかげで、徒歩・自転車圏内の
野菜を売っている店を、かつてないほど探索したので
多少は体脂肪率が落ちたに違いない(計ってないけど)のがせめてもの救いだ。

ちなみに、八百屋さんやスーパーでなく

“野菜を売る店”

と書いたのは、
このたび真剣に探索したところ、

うちの近所には、
不揃い野菜を安く売っている八百屋さんだけでなく、
コンビニの副業で店先に野菜を並べているところ、
農家直売らしき無人売店、
さらには、なぜか雑貨屋、本屋、酒屋などでも、
店先や店内の片隅に、結構、いろんな野菜が置いてあるのを発見したからだ。

それらのお店はたいてい、
その昔は農家だったとか
実家、本家が農家だとかで、
今は市場に出荷するほどは作っていないが、
自分ちだけで食べるのにはちょっと余る……
と、そんなワケで、現業の店先に野菜が置いてあるのだそう。

おかげで我が家の食卓にも
そのおすそ分けとして、お値打ち価格の野菜が、
この冬の救世主として毎日毎日登場したのである。

ああ、都心からはちょっと遠いけど、
田畑のある街に住んでいて、本当によかった。

そうでなきゃ、この冬は炭水化物オンリーの
免疫力下がりまくりの献立になるところだった。

暖かくなり、やっと野菜の高騰もひと段落してきたが、
穏やかな陽気の今のうち、さらに探索範囲を広げて
もっとたくさん、副業八百屋を見つけておこうと
固くココロに誓う昨今なのである。

 

Written by rei

3月 29th, 2014 at 10:35 pm

Posted in 未分類

気楽な自炊

without comments

社会人になってから、大学時代に比べて生活の余裕が出来た。
しかし、それでも油断はいけない。すぐにお金の底が見えてしまう。
そのため、なんとかお金の海に浮いていられるように頑張っている今日この頃である。

そこで今回は、自炊の話をしようと思う。
節約などの話では定番であるが、意外と継続して行い続けるのが難しい。
それに変に拘ると、外食の方がはるかにお金が掛からなかった事もある。
でも楽しいからいいや、となるのが自炊のいいところだと思う。

自炊をするようになって大事なのは、無理をしない事だ。
無理して絶対全部自炊だ! なんてやってると、だんだん面倒になってくる。
そして反動でしばらく全部外食、という事が自分の場合たまにあった。

そんな事を繰り返したため、面倒になったら自炊はしない事にしている。
しかし、何の制限もつけないでそんな事をしていると、いずれ常に自炊が
面倒になる事は目に見えている。
そのため、最低限のラインを設定しておくのである。

例えば自分は最低一週間の内、4日は自炊をしようと決めている。
そうする事で、自炊をさぼった日があっても最低ラインは超えない様に
すればいいんだ、と心の余裕を持ったままでいられる。
このあたりの考え方は人によって違うかもしれないが、まあとにかく
肩に力を入れずに自炊をする事が大切だと言いたい。

モットーは、楽して、手を抜いて、おいしく、である。
食えればいいやという感覚と、なんでもおいしく感じる舌を持っている自分にとっては、たやす過ぎるモットーである。

フライパンを温めるのはめんどくさい、じゃあ電子レンジでいいや。
チャーハン作ったのはいいけど、お皿に盛る時こぼしそうだなー
じゃあフライパンに入れたまんま食べればいいや。
楽をするとは、こういう事である。自分は極端すぎるので、手本とは言えないかもしれない。

とにかく、快適な自炊ライフは全て手抜きから始まるという事を、みなさんにお伝えしたかったわけである。
以上

Written by rei

3月 29th, 2014 at 10:35 pm

Posted in 未分類